2006.07.08 Saturday

条件

パートナーの条件:
・自立している
・信頼できる
・勇気と思いやりがある
・自分の痛みを乗り越えられる

ペットの条件:
・可愛い
・なつく
・おちゃめ
・バカ

ペットの条件は満たしているが、パートナーの条件は全然満たしていない。
 → 結婚は無理。遊びでしょ。人生預けられないし。ペットはペット。

パートナーの条件は満たしているが、ペットの条件を全然満たしていない。
 → 萌えない。全然萌えないよ!人間だけど女じゃない。

両立はあり得るか。矛盾してる?
無理なんだろうか・・・


人気blogランキングへ

2006.07.07 Friday

正直な気持ち

振られたのは現実。現実には対応しなければならない。でも分からない。どうすればこの心に安らぎをもたらすことができるのか。目の前の現実に反応しているだけでは満足は得られない。考えろ。振られたという現実がある。満たされない心がある。どうすればいいのか。自分の魂に聞いてみろ。心からの幸せ。深く満たされた気持ち。それを手に入れるにはどうすればいいのか。愛が欲しい。絆が欲しい。でも、彼女も欲しい。それが正直な気持ち。じゃあその気持ちをどうすればいいだろう。敗者復活を狙う。同時に、彼女以上に愛せる相手を探す。それが今の自分の気持ちに正直な行動方針に思える。どれか一つを選ばなければならないとは思わない。二者択一とは思わない。人の心はそんなに単純に割り切れない。愛が欲しい。でも彼女も欲しい。都合のよい考えだと分かっている。それでは一つの目標に100%になれないのも分かっている。でも今は怖いんだ。一つに全てを賭けて、また全てを失うのが。愛が欲しい。彼女も欲しい。その気持ちに任せるのが、今は楽なんだ・・・。無理に、自分の心を、殺したくない。

人気blogランキングへ

2006.07.06 Thursday

幸せになれない?

彼女と結婚しても絶対に幸せになれない。そんな総括をしたくなる。が、そんな相手が一方的に悪いみたいな結論でいいのだろうか。違う。好きだった。彼女の何を見ていたのか。自分の欲望を相手に投影していただけなのか。その幻と相手が違ったからといって相手が悪いわけじゃない。彼女と結婚しても絶対に幸せになれない。それは強がり。お前が振られた。負け惜しみだ。振られた後もしつこく付きまとった。そして結局その結論か。相手を蔑むことで自分の苦しみを和らげる。それが本心か?違う。本当は彼女の心が欲しい。でも手に入らないなら価値がないと思い込みたい。この苦しみを忘れたい。 
・・失ったものは輝いて見える。

人気blogランキングへ

2006.07.05 Wednesday

昔のメール

昔のメールを見ると胸が痛む。あの時の自分には何も見えていなかった。未来を無邪気に信じていた。甘えていたのだろうか。努力の先にしか幸せはないというのに。勇気が足りなかった。自分の気持ちが見えていなかった。今なら分かる。でももう手遅れだ。昔のメールを見ると胸が痛む。まだ未来を夢見ていたころの、叶わなかった可能性たちの幻影が見える。それが心をえぐる。分からないこともある。彼女は何が欲しかったんだろう。何を恐れていたのだろう。昔のメールたちを見ては、そんなことを考える。今彼女は何を求めているのだろう。その視線の先にはもう私はいない・・・

人気blogランキングへ

2006.07.04 Tuesday

幸せになりたい

このブログで自分の心を見つめることによって、愛の見つけ方、幸せになる方法を探りたい。また、失恋に負けずにその苦しみをくぐり抜ける道を見つけたい。そのために以下のことについて考えてみる。

・誰かを好きになるプロセスについて
・恋愛依存症になるプロセスについて
・依存症を脱出する方法

 普通→好き→依存症 〜これは危険な道
 依存症→脱依存症 この方法も考えたい

失恋すると苦しい。でも恋をしたくなくなることはない。苦しみを乗り越えたい。そして誰かを好きになりたい。そのために次のことをがんばろう。

−心の痛みを乗り越えて誰かを好きになることを決意する
−それでも依存症にならずに心のバランスを保つ
−それでも一緒に幸せになるために全力を尽くす
−失って傷ついても自分に真っ直ぐであり続ける

どれも今の自分には難しいかもしれない。こうやって文章を書くことで何とか前に進みたいともがいている。それは無駄にはならないと思うから。

人気blogランキングへ

2006.07.03 Monday

この人しかいない

この人しかいない!と言うのははっきり言って思い込みだ。10年前はそう思っていなかった。10年後もそう思っている確率は低い。この人しかいない!と言うのは現在に捕らわれた思い込みだ。10年間の自分の行動の軌跡を振り返ってみよう。何かが少し違っていれば、今とは違う出会いがあったことが分かるだろう。出会いは奇跡だが、必然ではない。この人しかいない!と言うのは必然ではない。単なる思い込みだ。そして10年後もそう思っている客観的な理由は何もない。だからこう思うべきなのだ。「この人しかいない訳じゃない!それでも自分はこの人を選ぶ!」と。それが主体的な態度というものだ。

が、なぜ「この人しかいない!」と思ってしまうのか。それは欲望に火がついてしまったから。相手が欲しい。独占したい。支配したい。心のブレーキを外して欲望を解き放った。いつの間にか、知らないうちに。それ自体が悲劇を招くわけではない。相手を欲すること。それは恋愛には必要なことだ。欲しても得られない。それが悲劇を招くのか。欲しい物が手に入らなければもっと欲しくなる。失えば胸にぽっかりと穴が開く。心のブレーキを外して相手を欲すること。手に入れるか、失うか。引き返す道はない。

問題は、失ったときの心の穴をどう処理すればよいか、だ。
いずれにしても後悔はする。怒りや不安や悲しみや嫉妬に捕らわれる。
失ったものは大きい。それでも自分にできることをするしかないじゃないか。
「この人しかいない訳じゃない」。それは、厳然たる事実だ。
「それでもこの人を選ぶ!」のか、
「別のいい人を見つける!」のか。
どちらも決意。どちらも覚悟だ。
覚悟しろ。

人気blogランキングへ

2006.07.02 Sunday

悪夢

失恋で苦しんでいる人は他にもいる。たくさんいる。自分も、今でも夢に彼女が現れる。そこで彼女は新しい相手の愚痴を女友達に自慢する。私の目の前で。なんでそんな夢・・。自分の心はどうなってしまったんだろうか。そんな夢は見たくないのに。悪夢ばかり見る。悪夢は脳からの警告か。危険な現実に対応しろ!と。しかしそれはもうどうしようもない現実なのだ。脳よ、お前は間違っている。もう忘れさせてくれ・・

人気blogランキングへ

2006.07.02 Sunday

ルールズ

巷で評判の「ルールズ」を読んでみた。噂によると、「ルールズ」の著者(の一人)は離婚しているらしい。テクニックに走って心を見失えば幸せは遠いということだろうか。それでも、恋愛に溺れて自分を見失わない方法としてはこの本は役に立つかもしれない。男心を知る上では参考になるかもしれない。確かにこれを実践すれば効果はあるような気はする。依存的な恋にならないことに重点を置いているのだろう。自立した、魅力的な女性。ただし、そっから先にどうすればいいのかはいまいち不明。テクニックに走っても心を失う。恋愛に溺れても自分を見失う。どちらも幸せには遠い。テクニックに走れば誠実さを失う。それでは信頼関係は得られない。恋愛に溺れれば自制心を失う。やはり信頼関係は得られない。ルールズだけではまだ足りない。そんな気がする。

人気blogランキングへ

2006.07.01 Saturday

好きになるプロセス

好きになるプロセス:

うなじがいいな、と思う。
笑顔がかわいいな、と思う。
性格がおもしろかわいいな、と思う。
ナイスバディだな、と思う。
ちょっかい出してみよっかな、と思う。
反応悪くないんじゃね、と思う。
誘ってみよっかな、と思う。
俺に気があるんじゃね、と思う。
独り占めしたいな、と思う。
告白してみよっかな、と思う。
ゲヘヘヘ、と思う。

こうして見るとかなりバカだな・・
そして依存症へ:

そばにいて欲しい、と思う。
もっと一緒にいたい、と思う。
会えないと寂しい、と思う。
気持ちを分かって欲しい、と思う。
嫌われたくない、と思う。
笑顔でいて欲しい、と思う。
話を聞いて欲しい、と思う。
気持ちを聞かせて欲しい、と思う。
心を開いて欲しい、と思う。
ひとつになりたい、と思う。
幸せにしたい、と思う。
幸せにして欲しい、と思う。
一緒に幸せになりたい、と思う。


・・好きだと思い込むプロセスと、この人じゃなきゃダメだ、と思い込むプロセスをもっと明らかにしたい。好きになるにはかなり前のめりの思い込みが必要なんだろうか。ひとつずつ心のブレーキを外して行くような。そして気が付くと止められなくなっている。
止められなくなっている・・

人気blogランキングへ
<< 3/3