2006.07.17 Monday

忘れなければならない?

ここにも自分と同じように失恋で苦しんでいる人がいる。

今は一日でも早く彼女のことを忘れてあげることが
唯一僕が彼女にしてあげれることなのかもしれません


忘れなければならないのだろうか。一年でも二年でも思い続けてはいけないのだろうか。一回ダメだったらもうダメなんだろうか。自分は無理に忘れたくない。というか、無理だった。自分の気持ちを無理やり曲げることは苦しい。どうにもこうにもやりきれない。だから無理に忘れるのはやめた。流れに任せることにした。大体、忘れることが彼女のためだと全然信じていない自分がいる。その自分を抹殺することは無理だった。最終的に選ぶのは彼女だ。自分が彼女の側にいることで、彼女の選択の可能性が広がるならそれでいいような気がしてきた。真摯に思ってくれる人がいて嫌な気分のわけがない。思いに応えられないことで相手を不幸にすることが嫌なんじゃなかろうか。なら、不幸にならなければいい。彼女を思い続ける。でも自分は不幸じゃない。自分で自分を幸せにできる。楽しい事もある。明るく朗らかに彼女を思い続けていれば、そのうちこちらの魅力に気付くときが来るかもしれない。さわやかに自己アピール。失敗OK。40回くらい失敗してもOKだろう。絵葉書を送ろう。彼女を励まそう。彼女を笑顔にしよう。そして自分も笑っていよう。40回くらい失敗してもOK。そのうち自分も自然に諦めが付くかもしれない。それはそれでOK。その前に流れが変わって自分に追い風が吹くかもしれない。彼女の気持ちがこちらに向くかもしれない。そのときは、一気に行くつもりだ。40回くらい失敗してもOK。全然気にしない。


人気blogランキングへ

2006.07.16 Sunday

相手を忘れる

相手を忘れる。何のためか。別の優良銘柄に投資する機会を逃さないためだ。他の女性にアタックしている時は彼女の事を忘れていられる。彼女は必ずしも優良銘柄ではないよ。心に響く何かはあった。それに感謝すればいい。執着にはまれば過去にばかり捕らわれるようになる。それは周りも自分も幸せにしない。自分の人生を生きられない。変えようのない過去を捕らわれて、今と未来に目が行かなくなる。今何をしよう。新しいチャレンジ。新しい世界。成長はらせん。ぐるりと回ってまた彼女に出会う事もあるかもしれない。それならそれで構わない。真っ直ぐ上には上がれない。らせんで行こう。

ただ、落ち着いた頃にやって来て傷口に塩をぬりこむのはやめてくれないかな・・・
俺の足を引っ張るな!


人気blogランキングへ

2006.07.15 Saturday

胸の痛み

彼女とは何だったのか。私がステップアップするための踏み台だ。人間のメスとしての能力には正直疑問符が付く。彼女は抜け作だ。一緒にいると癒される。尽くしてくれるから気分がいい。バカで未熟だからこちらが優位に立てる。可愛くて危なっかしいから見てて飽きない。だが巣を維持管理する能力には疑問符が付く。視野が狭い。仕事が粗い。場当たり的だ。同じような間違いを繰り返す。誰かの庇護の下、狭い世界で生きるなら、可愛がってもらえるだろう。だが飽きられたらどうかな?彼女に巣の調和を維持し、子を守り育てる仕事ができるのか。誰が彼女と運命を共にすると言うのだろうか。

だが、この胸の痛みは何だ?
捨てられたのは、俺のほうか・・・


人気blogランキングへ

2006.07.14 Friday

女性関係のポートフォリオ

女性関係のポートフォリオ。リスクを分散させる。一銘柄に全てを賭ければ当たったときの利益も大きいが、外れたときの損害も大きい。恋のポートフォリオを作っていけない理由がどこにある。最初から一つしか目に入らなくて視野狭窄になる方がどうかしてるじゃないか。リスクを分散させてポートフォリオをバランスさせる。そこから安定した利益が上がるようにする。一点に賭けるのはまだ早い。それがバランス感覚のある人間のやり方だ。それぞれの相手にはそれぞれの魅力がある。それを利用しようと言うのではない。視野を広く持ちたいだけだ。そして自分に合った相手を見つけたい。それが不誠実な態度だとは思わない。誠実に、女性関係のポートフォリオを作成する。


人気blogランキングへ

2006.07.13 Thursday

損切り

株を買ったとしよう。直後に値上がりしたとしよう。そこで喜んだ。でもまだ上がると思って売らなかった。そしたら一気に下落した。ここで売ったら損をする。だから売らない。いつか上がる、いつか上がると言ってどんどん下がっていく。結局売れずじまいでずるずると行く。不毛な恋愛関係もそれと同じか。最初は盛り上がった。でも何か違う、とうまく行かなくなった。でも楽しかった頃の関係を忘れられない。本当はうまく行くはず、と思ってずるずる行く。ここで諦めたら損切りになる。だから抜け出せない。その結果、他のもっと優良な物件に対する投資機会を逸することになる。

損切りできない。人間の心理。

彼女のために今まで費やした時間と労力は何だったのか。彼女を手に入れない限り、それが報われることはない。今やめれば失敗が失敗のままで終わる。そんなくやしさ、罪悪感、後悔。抜け出せない、執着。


人気blogランキングへ

2006.07.12 Wednesday

残酷

彼女には感謝している。でも恨んでもいる。彼女は美しい。でも彼女は残酷。その笑顔は天の恵み。その笑顔は胸を刺す痛み。なぜ俺が、今の彼氏とののろけ話を聞かされなければならないのか。「彼といると幸せを感じる」「話してて楽しい」「一緒にバカみたいに笑える」「頼りがいがある」「不器用なところが可愛い」・・・。なぜ俺の前で笑顔でそれを言えるのか。

誰かが言っていた。苦しみは、それを生じさせたのと同じレベルの思考では解決できない。俺をこの苦しみから救い出すパラダイムがあるのだろうか。思考の転換。思考のシフト。この苦しみが苦しみでなくなる時はいつだ。俺はなぜ、こんなにも苦しいのだろうか・・?


人気blogランキングへ

2006.07.11 Tuesday

愛を失った時には

愛を失ったときにどうすべきか?

・再チャレンジ、再々チャレンジ
・別の可能性、別の相手
・一生独り

それぞれには得るものと失う物がある。何を基準にどう選ぶのか。一生独りだと決めればこれ以上傷つかずに済む。希望を持たなければ落胆せずに済む。その代わり、過去の痛みを埋め合わせることもない。再チャレンジすればいつも痛みを感じずにはいられない。自分の過去の失敗を目の当たりに常に突きつけられる。現在の苦しみが報われる見込みもほとんどない。ただ自分を捧げ続ける。幸せは相手が握っている。空しい希望に踊らされて、空しく踊り続ける。でももし報われれば、最高にハッピーだ。そして、別の可能性、別の相手を探すのはどうだろう。前の相手以上の相手が見つかると信じられれば楽だけど。どうしても前の相手と比較してまう。違う相手に尽くせるだろうか。奉仕の気持ちになれるだろうか。比較してしまえば、以前の相手を失った悲しみを思い出す。

何をやってもうまく行かない気がして、立ちすくむ・・


人気blogランキングへ

2006.07.10 Monday

終わりじゃない

女は彼女だけじゃない。その考えはOK。彼女と結婚しても絶対に幸せになれない。その考えはNG。相手が全部悪いかのようだ。じゃあ彼女は幸せになれないのか?そうではあるまい。自分には、彼女を幸せにして自分も幸せになる方法が分からなかった。前の自分にはその力がなかった、くやしいが、それが現実。手に入らないのなら滅びてしまえ!そう思うときもある。でもそれは本心じゃない。今はダメかもしれない。でもまだ終わりじゃない。自分は力を付ける。自分に足りないものを気付かせてくれた。この失恋がなかったら永久に気付かなかったかもしれない。でも気付けた。その分強くなった。もっともっと強くなる。今は別の誰かに流れがあるかもしれない。でもきっと流れは変わる。自分に風が吹くときが来る。その時のために今できることをやろう。力を蓄えよう。だから、まだ終わりじゃない。


人気blogランキングへ

2006.07.09 Sunday

クールダウン

心の壁を乗り越えるために一生懸命勢いを付けた。ブレーキを外して全力になった。だからすぐに止まれなくても当たり前。トップギアの状態からニュートラルに戻るには時間がかかる。トップスピードで走っている列車が停止するまでは時間がかかる。今まで全力で走っていた心に、すぐに落ち着いて冷静になれ、というのは無理なのだ。だからクールダウンが必要なのだろう。でも本心では、クールダウンしなければならないことに納得していない。「運命の人」だと思った。現実は甘くなかった。その時、諦めることがベストな選択肢なのだろうか。分からない。分かるのは、自分はまだまだクールダウンできそうにない、ということ。


人気blogランキングへ

2006.07.09 Sunday

心のブレーキ

心のブレーキをひとつ外すと、自分の欲望が一つ顔を出す。その欲望が満たされれば幸せ。満たされなければこんちくしょう、と思う。どちらにしてももっと欲しくなる。一度ブレーキを外せば元には戻れない。心のブレーキを一つ外すと、心の渇きが一つ顔を出す。その渇きから抜け出すには、飽きるか、こんなものかと拍子抜けするか、諦めて再び心の鎧をまとうかだ。一度ブレーキを外すと中々止まれない。行くところまで行かなければ。君の何かが僕のブレーキを壊した。君の何かが僕の欲望を引き出した。そして僕は全力でぶつかった。壁に阻まれてバラバラに砕け散った。


人気blogランキングへ
<< 2/3 >>