2008.07.14 Monday

拒絶と嘲笑

彼女は俺を理解した。

理解した上で、拒絶した。

それはそれで仕方ない。

彼女には拒絶する権利がある。

だがしんどいものだ。

自分を開いて前に出た報いがこれだ。

拒絶と嘲笑。

だが俺には乗り越えられる。

心の痛みはまだ俺に乗り越えるべきチャレンジが
残っていることを教えてくれる。

勇気がない奴が足を止めて防御を固めるのだ。

だが格好付けるのは俺の役目じゃない。

彼女とて全てを理解したわけではないしな。

それにも関わらずあーしろこーしろとは、ごたいそうなことだ。
1/1