2007.07.17 Tuesday

罪悪感と無価値感からの解放

解放されたい。罪悪感と無価値感から。それが人生の目的。隠すことでは解放されない。それは自分で自分を閉じ込めること。開放することで、解放される。それでもまだ、自分には弱点がある。罪悪感と、無価値感を感じやすいという弱点が。それによってセルフコントロールが効かなくなる。そして自己嫌悪。その悪循環。それは一生変わらないかもしれない。そこを補強したい。だから、そこを補強してくれる人と一緒にいたい。それはわがままだろうか?自分は自分の弱点を知っている。そこを支えてもらいたい。弱点がないんなら、誰かと一緒にいる必要なんかないじゃない。

だからこそ相手に求める。誰でもいいわけじゃない。相手の持つ性質と、自分との相性によって相手を決める。

求める性質は
 ・かわいいこと
 ・心が健康であること
 ・知性があること

そして相性は
 ・一緒にいてリラックスできること
 ・一緒にいてワクワクできること
 ・尊敬できること

もちろん性質と相性は対応している。

心が健康で、リラックスできることで、
安心感を得て罪悪感から解放される。

かわいい相手と一緒にいてワクワクすることで、
自分の価値を確認して無価値感を払拭したい。

そして知性のある相手と目標と価値観を共有することで、
つながりを感じて孤独を癒したい。

俺のベストパートナーはどこにいるんだろう。
早く会いたい。

人気blogランキングへ

2007.07.11 Wednesday

面白くない

面白くねぇなぁ。俺の弟が破滅するのも、S子が落ちぶれるのも当たり前すぎて面白くない。もっと面白いことないのか?天の啓示で悟りを開いて、それ以降日々生き生きと充実して過ごすとか。いや、違う。それでは俺の心は救われない。奴らはとことんまで落ちぶれて苦しみを味わえばいいのだ。それも早ければ早いほどいい。早く地獄に堕ちろ。ふむ。自分の心はままならないな。この胸の痛みと苦しみ。2年経っても大して変わらん。だがそれは過去の痛みにすぎない。それは分かっている。でも痛いものは痛い。なぜか、今現在もなお、その痛みを癒してくれる人がいないからだ。ああ、痛いなぁ…。

人気blogランキングへ

2007.07.07 Saturday

彼女が落ち込んでいる時、抱きしめてあげたいと思えるか

もし彼女が落ち込んでいる時、抱きしめてあげたいと思えるか、は重要なポイントだ。そこを外せば、苦難の時を共に乗り越えることはできないだろう。いい時ばかりじゃない。悪い時にボロが出る。

今、彼女は元気がないとする。充電が必要。癒しが必要。ただ抱きしめてあげたいと思えるか?

・思えない理由
 −容姿が好みじゃない
 −趣味が合わない
 −共有するものがない
 −などなど

思えるか、思えないか。

分かれ目は何だろう。

一緒に笑った記憶、だろうか?

分からない・・・

相手の存在に充実感を感じないこと。相手の存在に尊厳を感じないこと。それに起因する、か。

結局彼女と一緒にいることが時間の無駄のように思えてしまう。

なぜだろう・・・

人気blogランキングへ
1/1