2006.07.23 Sunday

男女の違い

男と女は違う。どちらが優れているかではない。ただ、違うのだ
「話を聞かない男、地図が読めない女」を読んだ。目からうろこが落ちた。

★女はおしゃべりが恋人。
★女性とうまく付き合いたいのなら、男は積極的に話をするよう心がけたほうがいい。
★女が男に相談するときは、解決策を求めているわけではない。

自分が今までやってきたことは、ほとんど見当外れだった自分は今まで何をやっていたのだろう。彼女に指図し、彼女の話を聞かず、それでも分かり合えていると思っっていた。彼女の幸せのために尽くしているつもりだった。でも、彼女の欲しいものが全く見えていなかった。

★男を捨てるのは、男の与える物に不満だからではない。精神的に満たされないからだ。

この本は、捨てられた男がどうすればいいかは書いてない。が、男と女がお互いの違いを認めつつどうやってうまくやって行くのかは載っている。もし自分に次のチャンスがあれば、そのときは間違わないつもりだ。

こんなことも書いてある。

★ゆうべあんなにすてきだと思った女でも、朝日がのぼると魅力のかけらも感じなくなるし、バカにさえ見えてくる。

泣きたくなるような、笑うしかないような現実だ。恋愛感情は脳内ホルモンの化学作用だという。種の戦略は、男と女を燃え上がらせて子作りに励ませることだ。だから一時の熱情で失敗しないためには以下のことが重要になる。

★ぴったりの相手をみつけるには、ホルモンカクテルに酔ってしまう前に、相手を判断しなくてはならない。
★共通の興味、あるいは友情を支えにして、ずっと手を携えて生きていけるか。

選ぶのは何も男の方だけじゃない。女に見限られれば男だって捨てられる。彼女は去って行った。でももう一度やり直せるなら、その時は、もう間違わない。


人気blogランキングへ
1/1