<< 女の子とメール | main | 恋と愛の違い >>

2006.09.28 Thursday

理系の恋愛分析

失恋した理系男子による自己恋愛分析が始まっている

自分も理系として、物事を分析するのは大好きだ。
注目して推移を見たい。

そこでCashira氏は、女性をインプットを与えればアウトプットを出力するレッドボックスに見立てて議論を進めている。

そこで、恋愛を成功させるためには、「好きだ」というインプットに対して「あたしも好きよ」というアウトプットを得なければならない。あるいは、「付き合ってください」に対して「はい」という出力が必要だ。

だがしかし、そこらのレッドボックス(女性)に手当たり次第に「好きだ」というインプットを与えても、望むアウトプットを得られる可能性はほぼゼロだろう。

それでも世の中には、「付き合ってください」というインプットに対して「はい」というアウトプットが得られる場合があるわけで、そこには何か違いがあるわけだ。

つまりは、望ましくないアウトプットが出る状態から、望ましいアウトプットが得られる状態に、レッドボックスの中身が変化したと言うことだ。

であれば、いかにしてレッドボックスの中身を望ましい状態に変化させるか、どれだけレッドボックスの中身に迫れるか、それが課題となる。

それは私自身の課題でもある。
今後に期待だ。


人気blogランキングへ

Trackback URL


Comments

Comment form