<< 重要なのは | main | ひさびさに沈む >>

2006.09.24 Sunday

底なし沼での生活

心を消耗させる底なし沼とどう対するか。

決まっている。

近づかないことさ。

じゃあなぜ気になるのか。

満たされない思いがあるからさ。

距離を取って、忘れちまった方が楽だし効率的だ。

だが物理的な距離を取れない。

従って心理的な距離を取るのも難しい。

日々消耗するが抜け出すことが事実上禁止されている。

そんな鬱陶しい状況でどうするか?

消耗を強いられれば恨みがたまる。

ためすぎれば心が潰れる。

だから時々吐き出すのさ。

敗北感、屈辱感、徒労感。

毎日心の傷をえぐられ続ける。

しかし抜け出すことは許可されていない。

ひどい状況だ。

心が磨耗して無感動になってもおかしくない。

抜本的な改革が必要。

手は打っている。

だがまだ時間が掛かる。

それまで持つのか…?


人気blogランキングへ

Trackback URL


Comments

突然のコメント失礼致します。

相互リンクをしていただきたいのですが、
ご連絡先が見当たりませんでしたので
こちらにコメントさせていただきました。

もし了承していただけるのであれば
私のアドレスまでご一報くださいませ。
kouhou.ad@gmail.com

お手数かと思いますがよろしくお願いいたします。

相互リンクであれば、そちらのURLをご提示ください。それを見させて頂いてからでないと判断できません。

Comment form