<< 相応しいひと | main | 重要なのは >>

2006.09.24 Sunday

ゆがんだ卑下の底なし沼

言っておくが、私は自分が大切なのだ。

だから私は私を大切にしてくれない相手とは一緒にいられない。

それが自分自身に対する義務だと思ってる。

自分の務めを果たせ。

S子はお子ちゃまだよ。

むしろ捨て子だ。

自分を消して人の顔色を伺う。

周りに合わせ過ぎて自分がなくなってしまった。

だがそれで本人の心が清く澄み渡るわけじゃない。

むしろ屈折したひずみがたまる。

そんな蓄積した鬱憤をぶつける相手にされるのは御免だ。

ゆがんだ自己像。

自己卑下と裏腹の欲求不満。

生きる、力を、吸い取られる。

底なし沼だ。

消えちまえ。


人気blogランキングへ

Trackback URL


Comments

誰でも自分が大切。
誰でも自分を大切にしてくれる人と一緒にいたい。
貴方の言うことはもっともなこと。

S子さんを、お子ちゃまと言って切り捨てるのは、
彼女を気にしてるから?
気にならなかったら腹も立たないはず。
気にならなかったら面と向かって言えるはず。
自分が大切と言うのなら、
もっと自分をわかることじゃないかな。
miki様

コメントありがとうございます。

> 誰でも自分が大切。
> 誰でも自分を大切にしてくれる人と一緒にいたい。
> 貴方の言うことはもっともなこと。

もっともなこと、ですが、誰でもそれがうまくできるわけではないことは現実が教えるところです。DV、いじめ、虐待など色々あります。誰もが必ずしも抜け出せるわけではない。

気にしても、報われないものが、気になる時、あなたならどうしますか?
私ならですか。

自分の気持ちを、とにかく伝えます。
これ以上報われないと悟ったら、もう相手に伝えることはしません。
好かれていない相手に、今より嫌われたくないし、惨めになりたくないから、
想う気持ちがなくならなくても表面には出さないでしょうね。
若くないから、そう思えるのかもしれませんけどね。

Comment form