<< 忘れなければならない? | main | 中毒の中和 >>

2006.07.18 Tuesday

「7:3の法則」の実践

「愛が欲しいが、彼女も欲しい」と書いた。愛を失った時の行動指針も考えた。もちろん、自分の心の傷もケアしていかなけらばならない。ちゃんと手当てしなければ、何かの拍子にまた痛みがぶり返す。傷ついてない振りもできないし、忘れた振りもできない。同じことだが、自分の気持ちを無理に曲げることもできない。だから今自分にできることをやる。彼女を欲しい気持ちと、新しいチャレンジに向かいたい気持ちの割合はは7:3くらいだ。これは本に書いてあった法則とも一致する。彼女とおしゃべりする。彼女をほめる。彼女とお菓子を食べる。彼女にメールを送る。彼女に絵葉書を送る。彼女にアドバイスする。でも出会いも求める。友達とイベントに出掛ける。別の女の子と話す。飲み会を開く。そして自分の心のケアをするために、本を読む。一人で旅をする。日記を書く。それが、今の自分にできること。それが、自然な自分。


人気blogランキングへ

Trackback URL


Comments

初めまして。 taka-akiさんの想いがとても分かります。私は約1ヶ月前に2年間付き合った、彼女に突然の別れを告げられました。そして深い悲しみと、多くの疑問を残し、彼女は去りました。 それから、自分で動いて、色々な人に会い、どういうことでこうなったのかを知りました。
常に彼女のことを思っていた私には、私の進む時間を止めてしまったかのように、悲しい時間だけが今は進んでいます。ぜひ、あなたと話をしたい思いまいました。
きっと同じ苦しみだと思いました。
keikeiさま
コメントありがとうございます。
自分はなぜ自分が今こんなに苦しいのか良く分からないのです。そして抜け出し方も分からない。だからまだちょっと具体的なことは書く気になれないのです。が、どうせ苦しいなら色々やってもっと苦しんでやれ、と思ったりします。なので、方向性がコロコロ変わるように見えますが、本人にも方向性なんて見えてないんです。
 「時を戻せたらなぁ」 その気持ちが何かの拍子に浮かび上がってくると、かなりつらいですね・・・
 そんな状態ですが、よろしくお願いします。
「時を戻せたらなぁ」
自分にできることはもっとあった、「なぜあのとき・・・」と後悔してしまいます。そしてそれは、とてつもなく鮮明に思い出します。
めちゃくちゃやになる気持ちはわかります、そうすることで自分の気持ちを一本化できればと私も色々してしまったところもあります。今もそうです、自分の気持ちが全くわかりません。

Comment form